FC2ブログ

千葉県在住の40代人妻OLのモモさん/舐め犬ジロウ



今回お会いしたのは、
40代の人妻OLのモモさん(仮名)です。

モモさんからはこちらの記事を見て
ご連絡をいただきました。

――――――――――――――――――――――――――――――
はじめまして。ネット検索中に見かけた舐め犬という言葉が気になり、
調べてみるとあなた様のブログをお見かけしました。
私は40代ですが、恥ずかしながら気持ち良い限界があり、イク経験がありません。
怖がっていると言われるのですが、わかりません。
アドバイスいただける事があればお願いしたいです。
――――――――――――――――――――――――――――――

アドバイスって言われても難しいですよね。

その時は、

「ゆっくりと快感の坂を登っていくと
少し違った感覚になると思いますよ」

みたいな話をしました。


その後、何度かメールのやり取りをして、
一度体験してみたいと言う話になり、お会いすることになりました。

駅近の喫茶店で待ち合わせをしたのですが、
約束の時間になってもモモさんは表れません。


すると、1通のメールが、


「ムリです。声かけられません。窓側の隅っこの席にいます」


目を向けると、一人の女性がちょこんと座っています。



近づいて、挨拶をすると、
清楚な感じで芳本美代子似のとても40代には見えない
モモさんが恥ずかしそうに挨拶してくれます。


ここで話すのも恥ずかしいので、
店を出て話をしながらホテルに向かいます。



ホテルに入ってもモモさんの緊張は続いていて、
少しソファーに座ってお話することにしました。

と言ってもそんなに話すこともなく、
取り留めもない話を10分ほどすると沈黙が・・・。


肩を抱くとモモさんは丸くなりながらも
こちらに寄りかかってきます。

後から両手を回し、
ニットのセーターの上から擦るように胸にふれると、

「あっ・・・」

っと小さな反応があります。



事前に胸が感じるので胸も責めてほしいと言っていたので、
まずはゆっくりと優しく責めていきます。


ブラとニット越しに乳首が硬くなっているのが分かります。


時々、ビクッと反応しながら、
小さく喘ぎ声を奏でてくれます。

徐々に身体から力が抜け、寄りかかってきたので、
そっと唇を合わせると、大人のキスで応えてくれます。



服の中に手を入れ、直に乳首に達すると、
ビックと反応した後に喘ぎ声が大きくなってきます。

部屋を少し暗くして、服を脱がせていくと、
恥ずかしがりながらも素直に従ってくれます。


「私だけだと恥ずかしいので、ジロウさんも脱いでください」


ブラも取り、パンティだけにすると、
急に恥ずかしくなったのか、
私にも脱ぐように言ってベッドに向かいます。


ベッドに入ってもじっくりと胸への愛撫を続けます。


乳首を舌で転がすようにしたり、
口に含んで舌先で乳首を刺激したり、
軽く甘噛みするとまた違った反応をしてくれます。



左右の乳首を交互に責めていくと、
左の乳首の方がより反応がよく、
しつこく責めていくと、


「あ~,だめ・・・、だめ・・・」

と言ったかと思うと、ビクッと反応して、
横向きになってしまいます。


逝ったのかなと思ったのですが、
そうではないようです。

以前に話していた、
どうにも我慢できなくなってしまうみたいです。


無理に責めてもダメなので、
またゆっくりとじっくりと責めることにします。

再び乳首を愛撫しながら、感心に手を伸ばすと、
中心部はじっとりと湿っています。


ゆっくりとパンティに手を掛けると、
モモさんは腰を上げてフォローしてくれます。


パンティを見ると、中心部はぐっちょりです。



膝を立てて、膝に手を当て両手でM字開脚すると、
すでにお○んこからは愛液が溢れ、お尻の方まで垂れています。


「お尻まで愛液垂れてますよ」

と言うと、太ももに力が入り閉じようとします。



それをまたグッと広げると、観念したかのように力が抜け、
大きく脚を開き、お○んこをさらけ出してくれます。

ゆっくりと顔を近づけていくと、
クリトリスはまだ収まったままです。


ひとりエッチは少しはするけど、逝くこともないし、
いつも途中で限界と思ってやめてしまうと言っていましたので、
まずはゆっくりとクリトリスを刺激することにします。



クチャと言う音とともにお○んこを開いて、
下からクリトリスを優しく舐めあげていきます。


そして、クリトリスを舌先で触れるように突くように
優しく刺激していきます。


「あぁぁぁ・・・、きもちいぃ・・・」


ちょっとぬるめの温泉にでも入ったかのような反応です。



まずはしっかりと感じてもらうために
とにかく優しく舌先で軽く刺激しながら、
時より口に含んで舌でクリトリスを転がしていきます。


しばらく続けていくと、


「あぁぁ・・・あっ・・・だめ・・・だめ・・・」


両脚に力が入り、プルプルと震えだします。



このまま逝くかなと思いながら、
同じようなペースで続けていると、


「あぁっ・・・だめ・・・」

と言って、私の頭を押し下げて
同じように横向きになって丸まってしまいました。


「あぁぁ・・・ごめんなさい・・・」


やっぱり謝るMの気質です。

それでも、お尻の下のシーツは愛液で濡れています。



いきなりは難しいので、またもやゆっくり再開です。


今度はM字開脚のまま、
自分の指でクリトリスを出すように命令します。


顔を出したクリトリスは敏感ですから、
ゆっくりと優しく舐めていきます。


「あぁぁ・・・きもちいぃ・・・」


クチュクチュ、チロチロ・・・


「きもちいぃぃです・・・」


クチュクチュ、チロチロ・・・


しばらく続けていくと、
両手が維持できなくなって、胸に行き、
まくらを握りしめています。


「あぁぁぁ・・だめ・・・」


ここで逃げられてはと思い、
強くするのではなくあえて優しくクンニしていきます。


「あぁぁぁ・きもちいぃぃ、きもちいぃぃよぉぉ・・・」


しばらく続けると、
両脚に力が入っては抜けるを繰り返していきます。

逝ける子だとここで一気に逝けるのですが
ここはグッと我慢です。


しつこく、やさしく舌を這わせます。



「あっっ、、きもちいぃ、きもちいぃ、あっ、あっ」


「あぁぁぁ・・・」



さっきまでとは違い、
腰を突き出すように跳ね上げ、脱力したと思うと、
「ハァ、ハァ、」とまるで全力疾走したかのような息遣いで
時より、ビクッ、ビクッと身体を振るわせています。



そして、出た言葉は


「これまでとはちがいます・・・」


よく分からなかったようですが、
なんとか逝ってくれたようです。


少しまったりしていると、今度はモモさんが
私の股間に手を伸ばしてきて、


「こんどはわたしがせめてあげます。いやですか・・・?」


嫌なわけはありません。

モモさんはむくっと起き上がると、
私のぺ○スを握りながらパクっと口の中に・・・。


ジュプジュプ・・・と頭を上下に振りながら
舌を絡めながら咥えてくれます。


とても数年ぶりとは思えません。


すでにぺ○スはビンビンです。



すると、ほんとに小さな声で



「・・・いれてください・・・」


そんな言葉で素直に従うわけはありません。


「もっとちゃんと言って!!」

「いれてください・・・」



「もっとちゃんと!!」


「いれてください!!」



「モモのグチョグチョのお○んこに、このぺ○スを入れてくださいって言ってごらん」


意地悪したくなっちゃうんですよね。(^^;)


「はずかしい・・・」

「ちゃんと言ってごらん」



「モモの・・・グチョグチョのお○んこに、このぺ○スをいれてください」


この言葉に興奮してしまうんですよね。
完全に変態です。(^^ゞ


ゴムを装着し、いよいよ数年ぶりに挿入です。



すでにお○んこからは垂れるほどの愛液でグチョグチョです。


正常位でぺ○スの先を入口にあてがい、
ゆっくりとゆっくりとズニュズニュ~と挿入していきます。



「あぁぁぁぁぁぁ・・・、きもちい・・・」


ゆっくりと奥まで挿入すると
お○んこの奥に当たるのが分かります。


「あぁぁ~、きもちいぃぃ~」


奥に当てたままジッとしていても
ビクッ、ビクッっとなりながら感じています。


そのまま強く突くこともなく、
いろいろな体位でお○んこの奥にぺ○スが当たる感触を
じっくりと楽しんでもらいました。

ただ、騎乗位はほとんど経験がないようで、
ぎこちなさがとても初々しかったです。



十分楽しんでもらった後は、
再び乳首責めとクンニに指を加えて責めていきます。


身体はもう完全に女を取り戻していますし、
新しいステージに行ってくれようで、
初めのころとは声のトーンもボリュームも大きく違います。


気づいたらホテルに入ってから6時間以上も経っており、
充実した時間を過ごさせていただきました。


モモさんありがとうございました。m(__)m

――――――――――――――――――――――――――――――

(^∇^)ノ
同じように誰にも言えずに悶々としている方、一度体験してみたいと思っている方、
まずは記事の下にあるコメント欄からご連絡ください。

“非公開コメント(「管理者にだけ表示を許可する」にチャックを入れる)にすれば、
コメントは非公開になり、公開されることはありません。

連絡が欲しい方は、メールアドレスをお忘れなく!!
秘密厳守でメールのみやり取りとなりますので、フリーメールでどうぞ!!

ただし、お会いする場合はホテル代のみ女性の方にご負担いただいております。
ご了承ください。




 励みになりますので、よかったらクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

アダルトブログランキングへ

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : クンニ・舐め犬 - ジャンル : アダルト

優しくクンニすれば女性は必ず逝ってくれる/舐め犬ジロウ



最近、自分では逝くことができるけど、
セックスでは前戯でも逝くことができないという
悩みを持つ女性からの連絡が増えています。

そもそも逝ったことがないという女性も少なくありません。

年齢も20代から40代まで様々です。


「自分は不感症かもしれないと不安なんです」

「一人エッチだと逝けるのに男性だとダメなんです」

「このまま女性として終わりたくない!!」


そんな切実な告白をされる方もいます。


そして、そのほとんどの女性の方々に
初めての体験をしていただきました。


もちろん、体質的なものもあるのかもしれませんが、
これまでの経験から女性が逝けない理由は
大きく2つあると思っています。

そして、その2つをクリアすれば、
女性は逝くことができるようになります。



それは、女性が無意識に逝くことに怖がっていること、
男性が自分本位のセックスをしていることです。


まず、一つ目の女性が無意識に逝くことを怖がっている。

逝くことを知らない女性はもちろんですが、
自分でしか逝ったことのない女性は
男性に愛撫されて逝くことが怖いと感じています。

それを意識できている女性もいますが、
ほとんどの場合は無意識に怖がっています。

また、怖いという感覚とは少し違いますが、
恥ずかしいというのもあります。

これを打破するには2つの壁を取り除くことです。


一つは安心させてあげることです。

未知の領域に不安を覚えているのは当たり前です。
途中で嫌がったりしてもムリをせずに抱きしめて
「大丈夫だよ」って声を掛け、またじっくりと愛撫してあげる。

それを繰り返して、とにかく焦らずに責めていくこと。

それによって女性はだんだんと男性に
身を任せるようになります。

「だいぶ感じているから、もうちょっと頑張れば逝くはずだ」
と言うような焦りは禁物です。

まずは気持ちの壁がなくなるまで、
じっくりと責めていくことです。


もう一つは、ゆっくりと愛撫していくこと。

多くの男性は女性が感じてきたと思うと
すぐに力任せに愛撫を激しくしてしまいます。

指をガシガシ出し入れする人もいます。
(AVの見過ぎですね)

何度も逝ったことがある女性でも嫌がる人がいるのに、
一度も逝ったことのない女性では尚更です。

恐いのもありますが、痛みを伴うこともあります。

そんな想いが少しでも芽生えると
女性はまず逝くことはできません。

逆に冷めてしまいます。

少なくともある程度逝くことを覚えるまでは、
ゆっくりとじっくりと焦らず愛撫を続けることです。

また、反応があまりないからといって
刺激を強くしてはいけません。

ゆっくりとチロチロとクリトリスを
舌で優しく転がすようにクンニを続けていく。

指を入れてもあまり出し入れせずに、
膣の中をうねうね動かしていく。
(爪はもちろん深爪状態で!!)

焦らずじっくりとクリトリスを口に含み
舌先で転がすようにクンニしていく。

やがて必ず波が訪れます。

その時に不安感から嫌がることもありますが、
そこでムリをせずに、
気持ちと身体の両方が揃うまでじっくりと責めていくことです。


初めが肝心です。

何度か逝くようになれば、女性はどんどん変わっていきます。

それまでは、じっくりと焦らず責めてあげることです。


私がいつも最低でも4~5時間の時間がある時に
お会いするようにしているのも、
じっくりと焦らず責めていくためです。

ゆっくりとリラックスして、
身を任せてチロチロとクンニされる。

その場面を想像しただけでも「気持ちいいだろうな~」と
妄想を膨らませる女性がたくさんいます。

心と体の両方が整うまで、初めは時間が必要なんです。





もう一つの理由である、
男性が自分本位のセックスをしている場合。


多くの男性はあまりその意識はないかもしれません。

「ちゃんと挿入しても感じてくれている」

そう思っている方も多いでしょう。


しかし、愛撫を前戯だと思っているうちは
自分本位のセックスをしている可能性があります。

それは、前戯と言った時点で目的が挿入になっているからです。

男性からすれば当たり前かもしれません。
もちろん、挿入で女性も感じてくれます。

しかし、AVと同じように考えてしまうと
女性は取り残されてしまうこともあります。


例えば、

「女性が濡れたら挿入して合図だ」

「女性が濡れたら挿入してほしいはずだ」

「挿入されれば女性も気持ちいいはずだ」


確かにすべて当てはまる女性もいます。
この繰り返しで開発されて行く女性もいます。

しかし、少なくとも私に連絡をくれる女性は
その状況に不満を持っています。

嫌われたくないために演技をしている女性もいます。


だったらもっと、もっと愛撫してほしい、
もっとクンニしてほしい・・
と言えばいいのに。

そう考える男性も多いですが、
それを言えずに悩んでいる女性も多いのです。


実際、どれだけの女性がセックスで中逝きできるか分かりませんが、
そうではない女性もまだまだいます。

AVの中のような女性ばかりではありません。
(AV女優の方でも演技している方もいるでしょうが・・・)

まず、前戯という考えをやめて
愛撫することに集中してみる。

初めに書いたようにじっくり焦らすです。


「挿入でも十分感じている!!」


そう思っているあなたのパートナーが
このブログを読んで一人エッチをしていたり、
思い切って連絡しているかもしれません。


逝くことができずに不安になっていたり、
女性として自信を持てないという方も少なくありません。

そのほとんどは男性に原因があります。


私の感覚では女性は幾つになっても開発できます。

開発と言うのは失礼かもしれませんね。
幾つになっても女性は女として成長できます。

そのためには男性が自分本位にならずに
女性をよく見てあげることです。


そして、優しく扉を開いであげましょう。


気持ちも含めて優しくクンニすれば女性は必ず逝ってくれます。

そして、女性は幾つになっての女として成長できます。


要は男性次第です。


あくまで私見ですけどね。(#^.^#)



(^∇^)ノ
同じような悩みを抱えている方、一度体験してみたいと思っている方、
まずは記事の下にあるコメント欄からご連絡ください。

“非公開コメント(「管理者にだけ表示を許可する」にチャックを入れる)にすれば、
コメントは非公開になり、公開されることはありません。

連絡が欲しい方は、メールアドレスをお忘れなく!!
秘密厳守でメールのみやり取りとなりますので、フリーメールでどうぞ!!





 励みになりますので、よかったらクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

アダルトブログランキングへ

テーマ : クンニ・舐め犬 - ジャンル : アダルト

千葉在住の29歳OLのユリさん/舐め犬ジロウ




今回お会いしたのは、
29歳OLのユリさん(仮名)です。

ユリさんからはこちらの記事を見て
ご連絡をいただきました。

――――――――――――――――――――――――――――――
ジロウさん初めまして。
ブログを読ませていただきました。
読んでいたら自分もされてみたいと思ってしまい、コメントを書いています…。

実は色々ありまして現在上司とHをする関係が半年ぐらい続いております。
その…恥ずかしい話なのですが、そこで性欲に目覚めてしまいまして…
そんなときにこのブログを見つけてコメントした次第です。

Hではまだイッたことがありません。
上司のクンニは気持ちよくなる前に終わってしまうんです。
そのまま挿入されてそこでも上司がイッたらおしまい。

私も気持ちよくなりたいんです…。
――――――――――――――――――――――――――――――

その後、メールでやり取りをしていくと、

濡れやすい体質みたいで、服を脱がされる時点で濡れてしまって、
それを指摘されてさらに濡れてしまうそうなんです。

それで、前戯もほどほどにいつも挿入され、
気持ちはいいのですが、盛り上がる前に射精して終わり・・・。

ひとりエッチでは逝くことができるのに、
エッチではまったく逝くことができない。

男性主体のセックスの典型的なパターンですね。


そんなユリさんの要望は、
とにかくエッチで逝ってみたい。


そして、具体的な要望は、

・優しく?言葉責めされてみたい。

・キスマーク等は残らないようにしてほしい。

・挿入は今のところなしでお願いします。指はOKです。

とのこと。


まずは、クンニで逝ってみたいってことですね。
じっくりと優しく虐めながら責めてあげましょう。(^^)


そして、いつものように日程を調整して
JRの某駅で待ち合わせです。

待ち合わせ場所に表れたのは、
長身で綾瀬はるか似のとっても大人しそうな子です。

不安もあるのでしょう、私を見つけても
すぐに近づいてこれなったみたいです。

いつも「こんな子が」と思うのですが、
女性って見た目では分かりませんね。(^^;


ご挨拶もほどほどに恥ずかしいと言うことで
すぐにホテルに向かいました。


ホテルの部屋に入ると、やっぱり緊張しています。
当たり前ですよね。

恥ずかしそうにしていたので、
私が先にシャワーを浴びて、
その間にバスローブに着替えてもらいました。

ユリさんがシャワーから出てくれば
いつもの言葉責めからスタートです。

「全部脱いで、こっちにおいで・・・」


部屋は少し暗くしていますが、
お互いにハッキリと見える明るさです。

ユリさんは恥ずかしそうにバスローブを脱ぐと、
ベッドに腰かけてこっちを向こうとしません。

「ベッドの真ん中で横になって・・・」

意を決したように、ベッドに横たわります。

「膝を立てて、脚を開いて・・・」

とってもゆっくり、でも確実に開いていきます。

「いやらしいね~ お○んこが丸見えだよ」

見下ろしながら、いじめてあげます。

「いやっ・・・、はずかしいです・・・」

そう言いながら、脚を閉じていきます。

「ちゃんと開いて・・・、もっと大きく・・・」

素直にM字開脚してくれます。

よく見ると、今シャワーしたばかりなのに、
お○んこの下のあたりから愛液が垂れています。

ほんとうに濡れやすいみたいです。

今回はあまり時間がなかったので、
早速責めていきます。

M字開脚はそのままにして、
まずは左の乳首を軽く舌先で突くようにして反応を見ていきます。

「あっ、あっ・・・」

小さな声とともに乳首はすぐに硬くなってきます。
口に含んで舌で転がすように舐めるとさらに反応は良くなります。

続いて、右の乳首です。

同じように舌先で突き、硬くなったところで
口に含んで舌先で転がすように舐めていきます。

「あぁぁぁ・・・いぃぃぃ・・・」

とっても控えめな声ですが、
乳首はビンビンになっています。

乳首の反応を堪能したところで、
下へと移動していきます。

ユリさんは乳首を舐められている間も
しっかりと脚はM字開脚をキープしてくれています。

脚の間に顔を持っていくと、
お○んこから溢れた愛液が垂れているのが分かります。

ヒクヒクしています。

ちょっと意地悪して見ていると、
私の頭を挟むように脚を閉じてきます。

「ほら、思いっきり広げて・・・」

一言言うと、「いやっ、」と言いながら、
また思いっきり広げてくれます。

太もものあたりから、
お○んこの周りを舌先でいやらしく刺激します。

何度も何度も舌先はお○んこを避けながら
周りを舐めていくと、ユリさんの腰が徐々に動いてきます。

「なめてください・・・」

「舐めてるでしょ・・・ほら・・・」

ジュルジュルっとわざと音を立てて、
お○んこの横を舐めてあげます。

「あぁぁ・・ちがいます・・・」

ジュルジュル・・・

「お○んこ、なめてください・・・、おねがいします」

と言いながら腰を突き出してきます。

あまり焦らしてもかわいそうなので、
そろそろクリトリスに舌先を這わせます。

まずはクリトリスの先を舌先で優しく刺激してあげます。

「あぁぁ・・・きもちい・・・」

少し勃起してきたので、口に含んで舌先で転がすように舐めていきます。
乳首と同じですね。(#^.^#)

ゆっくり回すようにチロチロと舐めていきます。

しばらく、舐めていき、
人差し指をゆっくりとお○んこに当てていくと、
愛液がお尻の方まで垂れるほど溢れまくっています。

お○んこの入口をクチュクチュと刺激しながら、
チロチロとクンニを続けていきます。

初めてのクンニでの絶頂ですので、
指はほどほどにして、クリトリスの刺激に集中させます。

時にジュルジュルと舐め回しながら、
チロチロと優しく包むようにクリトリスを舐めていくと・・・、

1時間ほどして、その時が訪れました。

「あぁぁぁ・・・、いくかも・・・、いくかも・・・」

ちょっと喘ぎ声が大きくなってきます。

それでも、あまりペースを変えずに、
ジュルチロとクリトリスを舐めていくと、
手足に力が入っては抜けるを繰り返しています。

「あぁぁぁ・・・、いきます・・・、いきます・・・」

何度が波を繰り返して、数度目の波で絶頂に達してくれました。

大きく反応する感じではありませんでしたが、
まずは初めてクンニで逝ってくれて何よりです。

その後も余韻を楽しんでもらうために、
30分ほどチロチロとクンニを続けてあげます。

喉が渇いたと言うのでちょっと休憩です。
水分たくさん出しちゃってますからね。(^^)



「なめていいですか・・・」

「えっ・・・」

「なめてみたいんです・・・」

そう言ってユリさんは私の下半身の方に移動してきます。

私も断る理由もないので、身を任すと、

「下手だって言われちゃうんです・・・」

「歯が当たるって言われて・・・」

そう言いながら、ぺ○スの先を舐めてきます。

「それじゃ、口に含んでごらん・・・」

と言うと、すでに硬くなったぺ○スをパクッっと咥えます。

(う~ん、確かに歯が当たる・・・)

何でも彼氏のぺ○スはとても大きいらしく、
私のよりも一回り大きいみたいです。

そんな私のぺ○スでも歯が当たるのですから、
彼氏のはもっと当たってしまうのでしょう。

複雑な思いを抱えながら、一応レクチャーしてあげます。

何とか歯が当たらないようにできるようになり、
ジュボジュボとぺ○スを咥えられるようになりました。

すると今度は、

「入れてみたいんですけど・・・」

挿入はNGと言っていたのですが、
クンニで逝ったことでその先を体験してみたいようです。

もちろん、断る理由はないので、
スキンを装着していざ挿入です。

と言いたいところですが、
ここからまた焦らすようにクンニしていきます。

ここが舐め犬の習性ですね。

クリトリスを十分刺激して、軽く逝ってもらい
お○んこからまた愛液が溢れてきたところで
やっと挿入していきます。

グチョグチョのお○んこにぺ○スをあてがうと、
ニュルとぺ○スがお○んこに埋まっていきます。

「あぁぁぁ・・・きもちい・・・」

相変わらず控えめな喘ぎ声です。

実はユリさんは男性経験が少なく、
セックス自体もそんなに多くは経験していなとのこと。

何と大胆なんでしょうか・・・。

それを聞いていたので、
いろいろな体位を試してあげたかったので、
どの体位でもあまり激しくせずに
ゆったりと堪能してもらいました。

どの体位にも素直に従って、
とても好奇心旺盛な子です。

特に正常位でぺ○スをお○んこの奥に当てながら、
ほとんど動かさずに擦るように刺激してあげると、

「あぁぁぁ・・・、これきもちいです・・・」

「なんかへんなかんじがします・・・」

とお○んこの奥への刺激を堪能してもらいました。


最後に仕上げのクンニをして
再度絶頂にお連れしてお時間です。


ユリさん、ありがとうございました。m(__)m

――――――――――――――――――――――――――――――
お別れして数時間後にお礼のメールをいただきました。



今日はありがとうございました。

経験回数数回で暴挙に出た感がありますが……初めてクンニでいけました!

頭が真っ白になって何も考えられなくなるってこういうことなんですね。
(でもあれは軽くイッただけなんですね。まだ先があるのでしょうか?)

あと中も気持ちよかったです。
激しく動いてなくても気持ちよくなれるなんて知りませんでした。

だけど時間が足りないです(;_;)
もし次も会って頂けるなら今度は早い時間からにします(笑)

早く筋肉痛が治ることを祈りつつ、また日常に戻りたいと思います。
今日はありがとうございました(*^^*)



よろこんでいただけて何よりです。

まずはクンニで逝くことができてよかったです。
次は中逝きですかね。(≧▽≦)

――――――――――――――――――――――――――――――

(^∇^)ノ
同じように誰にも言えずに悶々としている方、一度体験してみたいと思っている方、
まずは記事の下にあるコメント欄からご連絡ください。

“非公開コメント(「管理者にだけ表示を許可する」にチャックを入れる)にすれば、
コメントは非公開になり、公開されることはありません。

連絡が欲しい方は、メールアドレスをお忘れなく!!
秘密厳守でメールのみやり取りとなりますので、フリーメールでどうぞ!!




 励みになりますので、よかったらクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

アダルトブログランキングへ

テーマ : クンニ・舐め犬 - ジャンル : アダルト

40代OLのジュリさんからのお便り/舐め犬ジロウ



先日、お会いしたジュリさんからお便りをいただきました。

―――――――――――――――――――――――――


ジロウさん、こんにちは。

先日お伝えできなかったことなんでが…

最初はやっぱり初めて会う人にこんなことしてもらうの、無理かも!ってパニクりかけました。
でも、意地悪な中にも優しさが伝わってきて、だんだん気持ちが落ち着いていきました。

ジロウさんがじっと優しい顔で見つめてくれて、「(いっても)いいよ」って言ってくれるのが、なんだかとっても幸せな気持ちになって、緊張がだんだんほぐれていきました。

いいとこでおしりがつっても怒るでもなくマッサージして待ってくれたり(^_^;)
足が冷えないように気遣ってくださったり、

ほんとに、ずーっと優しく見つめてもらってたのが印象的で、こんな出会いなのに、なんかあったかい気持ちで幸せな時間でした。

どうしても、なんかキャラ的にセクシーな雰囲気になりにくくて、ジロウさんにとってはどうだったのかと申し訳なく思いますが(^_^;)

最後にゆっくりお話したときに、ほんとに悪い人にひっかからなくて良かったなと思いました。
ブログとメールから伝わってくる、ジロウさんのお人柄を信じて良かったです。

普段から彼氏に十分満たされているんですけど、また違う感覚で、、、
なんていうか、大好きな、会いたい友達が一人増えた、みたいな感じです!

これはここだけの話ですが、私は舐めてもらうのも気持ちよかったですが、挿入が奥に当たってとっても気持ちよかったんです(〃ω〃)
ジロウさんは入れるよりも舐めてる方がキモチイイんですよね(^_^;)

こんな私ですが、もし良かったらまた機会があれば
お会いできたら嬉しいです!

ありがとうございました!

ジュリ



(^∇^)ノ
同じように誰にも言えずに悶々としている方、一度体験してみたいと思っている方、
まずは記事の下にあるコメント欄からご連絡ください。

“非公開コメント(「管理者にだけ表示を許可する」にチャックを入れる)にすれば、
コメントは非公開になり、公開されることはありません。

連絡が欲しい方は、メールアドレスをお忘れなく!!
秘密厳守でメールのみやり取りとなりますので、フリーメールでどうぞ!!




 励みになりますので、よかったらクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

アダルトブログランキングへ


テーマ : クンニ・舐め犬 - ジャンル : アダルト

神奈川在住の40代OLのジュリさん/舐め犬ジロウ



今回お会いしたのは、
40代OLのジュリさん(仮名)です。

ジュリさんからはこちらの記事を見て
ご連絡をいただきました。

――――――――――――――――――――――――――――――
はじめまして。
Mだという自覚はあるんですが、これまで恥ずかしくていじめてほしいとは言えません(??;)
ジロウさんのブログを読んで、こんなふうにされてみたい、、、と思ってしまいました。
いつかお目にかかれたら、、、なんて想像するだけでドキドキしてしまいます。
40代なのですが、ご連絡いただけると嬉しいです。(#^.^#)
――――――――――――――――――――――――――――――

Mだと自覚していてもパートナーに告白できない方は多いですね。

やはり、

「引かれたらどうしよう!!」

という不安がつきまといます。


ジュリさんもそんな一人で、
ネットなどで妄想するに留まっていたようです。

そんなジュリさんからの要望は、

 ・言葉責めされたい。
 ・軽く拘束されてみたい。
 ・胸が感じるので、途中でやめないで思いっきり逝かせてほしい
 ・すぐ逝ってしまうのですが、それでも責めてほしい。
 ・いろいろと命令してほしい。

完全にMですね。

狂ったように感じる姿を妄想するとワクワクします。ヽ(^。^)ノ


今回も待ち合わせは、
都内のターミナル駅の喫茶店です。

待ち合わせに表れたのは、
磯山さやか似の小柄な笑顔が似合う女性です。

そんな笑顔の中に緊張しているのが分かります。

事前にホテルまでリサーチしてくれていて、
雑談しながらホテルに向かいます。

やっぱりここでも、

「ジロウさんって普通の人なんですね・・・」

「ちょっと印象が違うけど、なんだか安心しました・・・」


私は女性からどのように見えているのでしょうか?

そんな話で笑いを取りながら、ホテルに到着です。


先にジュリさんがシャワーを浴び
私がシャワーから出てくると、
ジュリさんはバスローブ姿でソファーに座って固まっています。

部屋を暗くして、そっと近づいていくと、
身体を丸めて、小さくなってしまいます。

Mだと言っていますので、それを確かめるように、
まずは胸元に手を入れていきます。

ブラジャーをしていたので、
それをちょっと荒々しく取ると、
すでにジュリさんの息は荒くなっています。

そのまま、バスローブを脱がし、
ソファーの上で好きだと言っていた胸への愛撫です。

指で乳首を少し触れると、

「あっ・・・」

とても敏感に反応してくれます。

3回ほど触れると、乳首はビンビンです。

左右の乳首をいじり、両乳首ともビンビンになったところで、
今度はおもむろに舌を這わせます。

「あぁぁぁ・・・」

声のトーンが上がります。

ジュルジュル・・・とワザと音を立てるように舐めると、
より反応は大きくなってきます。

ほんとうに乳首だけでもすぐに逝ってしまいそうです。

ちょっと焦らしてあげたいので、
続きはベッドに移ってからです。

バスローブを脱がせ、ベッドに横になるように言います。

「両腕を頭の上において・・・」

脚をモジモジしながら、素直に従ってくれます。


ここからジュリさんが狂ったように感じてもらうことになります。

まず、とっても感じると言う胸を徹底的に責めていきます。

右の乳首に舌先をあて、
ゆっくりと円を書くように這わせていくと、

「あっっ・・・、きもちい・・・」

そう言いながら、腰が左右にウネウネと動き、
乳首はすぐにビンビンです。

レロレロと固くなった乳首を弾くように舐めたり、
ジュルジュルと吸うように舐めたり、
唇で乳首を挟み、舌先で先端を舐めたりを繰り返していきます。

やがて喘ぎ声のトーンが一段と上がり、
腰が上下に小刻みに震えるように動いています。

「あぁぁぁ・・・、だめです・・・いっちゃいます・・・いっちゃいます・・・」

「むねでいっちゃいます・・・、あぁぁぁ・・・」

責めはじめて10分ほどで1回目の絶頂です。


間髪入れずに今度は左の乳首です。

同じように責めていくと、
すぐに反応してくれます。

「あっあっ・・・、だめ・・・、いっちゃいます・・・」

「また、むねでいっちゃいます・・・あっ・・・だめ・・・」

ほんとうに逝きやすいみたいです。

彼氏とはこの時点で次に行っちゃうみたいですが、
今日はトコトン感じてもらいます。

また、右の乳首に戻り、責めていきます。
逝けば今度は左の乳首に・・・。

「もう・・・、ゆるして・・・。おねがいします・・・」

「あぁぁぁ・・・、またいっちゃいます・・・」

「あぁぁ、ごめんなさい・・・、あぁぁ・・・いくぅぅぅ・・・」

1時間ほど繰り返ししつこく胸を責めてあげました。
何回逝ったか分かりません。

逝くたびに全身に力が入ってしまうみたいで、
途中で足がつりそうになってしまいましたので、
足のマッサージがてらちょっと休憩です。

休憩しながらも、指で乳首を転がしていくと、

「あぁっ・・・、かんじちゃいます・・・」

硬くなった乳首を指で挟むと、

「いたい・・・、でも、かんじる・・・、あっ、いたい・・・、あぁぁ・・」

「逝っていいよ・・・。ほら、逝ってごらん・・・」

そう言って、ちょっと強く挟むと、

「また、いっちゃいます・・・、あぁぁ・・、いくぅぅ・・・」

胸を突き出すようにして逝ってしまいます。

「したも、お・ね・がい・・します・・・」

1時間以上も胸だけを責めてあげましたから、
そろそろ我慢も限界のようです。

右手をゆっくりと太ももに這わせて、
中心部に指を当てると、
パンティーの上からでも湿っているのが分かります。

ジュリさんもそれが分かっているのか、

「ぬいでもいいですか・・・」

と言いながら、腰をあげて自らパンティーに手を掛けます。

脱がす楽しみもあるので、
ジュリさんの手を払って、私がパンティーに手を掛けると、
脱がしやすいようにさらに腰を上げてくれます。

脱がしたパンティーは中心部が愛液でベチョベチョです。

「両脚を開いてごらん・・・」

ゆっくりとM字に脚を開いていきます。

「あ~、お○んこから愛液が溢れてる・・・」

「いやっ・・・、あふれてません・・・」

そう言って脚を閉じようとするので、
両膝を持つと抵抗をやめて、脚を開いていきます。

「みないでください・・・、はずかしいです・・・」

「お尻の方まで垂れてるよ・・・、ほら・・・」

そう言って、指先でお○んことお尻の間の愛液をニュルッと触ると、

「いやっ・・・、あぁぁ・・・」

おもしろいように反応してくれます。

ここからは舐め犬タイムです。

股間に顔を埋めて、クリトリスに舌先を這わせます。

「あっ・・・、あっ・・・」

わずかに触れるように舐めていくだけでも、
ジュリさんはビクビクと反応してくれます。

クリトリスを口に含んで、舌先で転がすように舐めると
さらに大きく反応していき、

「あぁぁぁ・・・だめ・・・くりきもちいぃぃ・・・」

手をバタバタさせながら、腰をバウンドさせ、
一気に昇りつめてくれました。

ぐったりしているところに、
再び舌先でクリトリスに優しく触れていきます。

「あぁぁぁ・・・、きもちい・・・」

徐々にジュリさんは腰を突き出してきます。

それに合わせて、クリトリスを口に含み、
先ほどと同じように舌で転がすように舐めていくと、
さらにジュリさんの腰の動きは激しくなっていき、

「また、いっちゃいます・・・、あぁぁ・・・だめ・・です・・・あぁぁ」

腰をはねるようにして、昇りつめます。

今度は焦らすように、クリトリスの周りを舌先でなぞるように舐めていくと、

「おねがいします・・・、あぁぁ・・おねがいします・・・」

「なにが・・・?」

「おねがいします・・・なめてください・・・・」

「舐めてるでしょ・・・」

といじわるに言うと、


「あぁぁ・・・おねがいします・・・お○んこなめてください・・・」

「なに・・・?」

「いじわるしないでください・・・」

「なに・・・?」

腰の動きが激しくなってきます。

「いやっ・・・お○んこなめてください・・・」

「いやらしく、お○んこなめてください・・・」

腰を突き出しながら、声はだんだん大きくなり、
最後は叫ぶように訴えてきます。

チュベチュ・・・

おもむろに、クリトリスを口に含んで舌で舐め回します。

「あぁぁぁ・・・、だめ・・・、すぐにいっちゃうぅぅ・・・」

ジュプジュプ・・・

「いっちゃいます・・・、いっちゃいます・・・、ごめんなさい・・・」

こんなことを1時間以上続け、完全に放心状態になってきたところで、
今度はお○んこにゆっくりと中指をニュル~と差し入れていきます。

「あぁぁぁ・・・きもちい・・」

当然ですが、愛液でベチョベチョです。

中指をお○んこに入れたまま、
お○んこの奥を指の腹でこすりながら、
クリトリスに舌を這わせます。

出し入れしていなくても、
グチュグチュと溢れる愛液が指に絡みます。

「あぁぁぁ・・・、なかが・・・、おくにあたる・・・」

「くりも、なかがきもちいです・・・」

中指を奥まで差し入れ、
ウニュウニュと指の腹でお○んこの中を擦っていくと、

「なかでいく・・・、あぁぁぁ・・、なかでいきます・・・」

お○んこの中がギューっと絞まった瞬間に、
ビッと腰が動いたかと思うと、
ぐったりと脱力してしまいました。

ここまで2時間ほどですが、
かなり狂ったように感じてくれました。(^^)


ちょっとまったりしていると、
ジュリさんが私の下半身に手を伸ばしてきます。

下着の上からぺ○スに触れると、
上下に擦るようにして刺激してきます。

「大きくなっちゃうよ・・」

「もうおおきくなってる・・・」

ニコッと笑うと、ぺ○スをしごくようにさわってきます。

「いっぱいきもちよくしてくれたから・・・」

そう言って、ぺ○スをしごいてくれます。


「どうします・・・」

「・・・」

「このまま逝っていいの・・・」

「きょうはさいごまでしないって、おもってきたから・・・」

そう言いながら、ぺ○スをしごいてきます。

「じゃ、このまま逝くね・・・」

と言うと、

「ちょっとだけ、してほしいかも・・・」

「なに・・・?」

「ちょっといれてほしいかも・・・」

「・・・」

「いれてください・・・。おねがいします・・・」

ぺ○スをしごく手に力が入ります。

あまり焦らすのも可哀想ですから、
ゴムを装着して、いざ挿入です。

と言いたいところですが、
その前にまたクンニで一度逝かせてしまいましょう。

足首を掴んで大股開きにして、
クリトリスに舌に這わせていきます。

「あぁぁ・・、いや・・・、あっ、でも、きもちい・・・」

クンニで逝ってもらって、ぐったりしたところに
正常位でぺ○スをズニュ~と挿入していきます。

「あぁぁぁぁぁぁ・・・、はいってくる・・・」

グチョグチョのお○んこにスムーズに入っていきます。

「あっ、あたる・・・、おくにあたる・・・」

奥まで差し入れてまま、じっとしていると
下で腰をウニウニさせながら感じています。

「ふぅ・・・、ふぅ・・、あぁぁぁ・・・きもちい・・・」

「なかがきもちいよ~」

「なかであたってる・・・」

「おおきい・・・、おおきい・・・」

さほど大きなぺ○スではないのですが、
感じまくったお陰で子宮が下がってきているんでしょう。

私のぺ○スでも十分奥に到達しているようです。


「あぁぁ・・・おちんちんでいっちゃうぅ・・・」


挿入してほとんど動かすことなく、
ジュリさんは逝ってしまいました。

その後、女性上位やバック、寝バックといろいろな体位を試しましたが、
ほとんど動くことなくジュリさんは逝ってくれました。

さほど大きなぺ○スではないのですが、
しっかりと前戯をすれば女性は感じてくれることを実感した次第です。
(#^.^#)

遅漏の私が逝かないことを心配してくれましたが、
私もたっぷりと堪能させてもらい、
最後はしっかりと逝かせていただきました。

ジュリさんありがとうございました。m(__)m

――――――――――――――――――――――――――――――
お別れして数時間後にお礼のメールをいただきました。



ジロウさん今日はありがとうございました(o^^o)
めちゃくちゃ緊張しましたが、お会いできて良かったです♪

彼氏には言えないいやらしい言葉もいっぱい言っちゃって、
冷静になると恥ずかしいですが、すんごくスッキリしました(笑)

明日からいい仕事できそうです!!
遅くまでお付き合いありがとうございました。
ジロウさんも明日もお仕事頑張ってくださいね(*´∀`*)

またいつになるかわからないですが、チャンスがあれば
ご連絡しますね(*´ー`*)



明るい笑顔が印象的なジュリさんでした。(#^.^#)

――――――――――――――――――――――――――――――

(^∇^)ノ
同じように誰にも言えずに悶々としている方、一度体験してみたいと思っている方、
まずは記事の下にあるコメント欄からご連絡ください。

“非公開コメント(「管理者にだけ表示を許可する」にチャックを入れる)にすれば、
コメントは非公開になり、公開されることはありません。

連絡が欲しい方は、メールアドレスをお忘れなく!!
秘密厳守でメールのみやり取りとなりますので、フリーメールでどうぞ!!




 励みになりますので、よかったらクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

アダルトブログランキングへ

テーマ : クンニ・舐め犬 - ジャンル : アダルト

プロフィール

舐め犬ジロウ

Author:舐め犬ジロウ
アラフォー、都内在住
ちょっと人とは違った性癖があるだけで、普段は普通の会社員です。
その性癖とは、とにかくクンニが好き!!それもちょっと珍しい“S”の舐め犬!!
言葉責め、羞恥責めしながら、女性の「はずかしい・・・」と言う言葉を聞きながらクンニして、悶え苦しむ姿に興奮を覚えます。パートナーに打ち明けることもできずに外の世界で割り切って活動しています。(^^;)

同じように誰にも言えずに悶々としている方、一度体験してみたいと思っている方、まずは各記事の下にあるコメント欄からご連絡ください。

“非公開コメント(「管理者にだけ表示を許可する」にチャックを入れる)にすれば、コメントは非公開になり、公開されることはありません。

なお、お会いするときにホテル代は女性の方に負担していただいておりますので、ご了承ください。

また、未成年者の方はご遠慮ください。成人してからのご連絡をお待ちしております。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
舐め犬指数
FC2拍手ランキング
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる