FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28歳人妻との舐め始め!!パート3/舐め犬ジロー



前回の続きです。


ゆっくりとベッドに連れて行きます。

服を脱がしながら、首筋から耳元に舌を這わせます。
M美さんは息を荒くしながら、身体をあずけてきます。

M美さんの服を全て脱がすと、
両膝に手を添えて、ゆっくりを開いていきます。

「あんっ、・・・恥ずかしい・・・・」

そう言いながらも抵抗する様子はありません。
脚はM字に大きく開かれ、おまんこが丸見え状態です。

すでに先ほどのクンニでグッチョリと濡れています。
そこにゆっくり太ももから舌を這わせながら、中心部に頭を入れていきます。

「あぁぁ・・・」

M美さんの脚はプルプル震えています。


おまんこの周りを焦らすように微妙なタッチで舐めていくと、
M美さんは我慢できない様子で、腰を前後左右に動かしてきます。

舌をクリトリスに当てたいのです。


yq.jpg
(画像はイメージです)


ちょっと舌先がクリトリスに当たると、
「あっ・・」と声が聞こえ、腰をさらに押し出してきます。

それを察して、また太もものほうに舌を逃がすと、
M美さんは私の頭を押えて、腰を突き出してきます。



結構焦らしましたから、おまんこは愛液でジュブジュブです。

おまんこからクリトリスに向かって、
愛液をすくように舌を這わせていきます。

「あぁぁぁ・・・ 感じるぅぅぅ・・・」

クリトリスに舌が達すると、M美さんの腕に力が入り、
腰はせり出し、息も苦しい状態です。

ジュブジュルジュブ・・・

頭を振りながら、舌でクリトリスを刺激します。

「あぁぁぁ、すごくイイ・・・、感じすぎ・・・」

といいながらも、腰は前後にグラインドしています。


このまま一気にスパートです。

勃起したクリトリスを指で引っ張り出して、
思いっきり口に含んで、舌を転がし刺激します。


M美さんはこれが大好物!!


「あぁぁ・・、もうダメ・・、いっちゃう、いっちゃうよ・・・」

絶叫に似た声で感じてくれます。


暴れるM美さんを押えつつ、なおも刺激を続けると、
「あぁぁぁ・・・いく・・・」



のけぞり、頭を手で押えられ、両足で挟み込んできます。

この瞬間がたまりません。



M美さんは息も絶え絶えでぐったりしています。


すかさず、両脚に手を掛け、グチョグチョニなったおまんこに
ゆっくりを舌を這わせ、優しく優しく舐めあげていきます。


「あん・・、感じすぎちゃう・・」
なんて可愛いことを言いながら、脚は大きく開いたままです。



e_20120816141303.jpg

(画像はイメージです)


しばらく後戯です。
ゆっくりとクリトリスを包み込むように舐めていきます。


そうしていると、徐々にM美さんの腰がくねくねと動いて、
次の刺激を求めてきます。


そんなことを4時間ほど休み無く繰り返し、
M美さんが感じすぎて放心状態になってしまい。


十分満足してくれたことを確信して、
腕枕をしながら1時間ほどピロートークで
今回のご奉仕を締めくくりました。



今回は時間に余裕があったので、
M美さんのご要望に合わせ、じっくりとご奉仕することが出来ました。





無料の舐め犬専用の募集掲示板を始めています。

あなたも素敵な出会いを・・・!!

舐め犬募集掲示板




励みになりますので、よかったらクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

アダルトブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]

28歳人妻との舐め始め!!パート2/舐め犬ジロー



前回の続きです。

待ち合わせの喫茶店でのプレイを堪能した後、
いつものように北口のホテル街に向かいます。

まだ、午前中ですので、サラリーマンを多く、
M美さんはずっとうつむき加減です。

「多分、みんな、これからHしに行くんだなって思ってますよ」

と声をかけると、恥ずかしいそうに背中を叩いてきます。

こんな純情そうな子が・・・ と言う感じです。



ホテルに到着し、部屋に入ると、
次のプレイの始まりです。


コートを脱がし、後ろからそっと手を回します。

「あっ・・・、いや、ちょっと待って・・・」

口では抵抗しますが、身体はなすがままです。


ゆっくりとセーターの上から胸に触れると、

「あっ、・・・」

M美さんは胸が感じやすいんです。


セーターの上から乳首の辺りを微妙なタッチで触ると、
ブラとセーターの上からでも、乳首が勃起しているのが分かります。

「もう、硬くなってる・・・」

そのまま、乳首の周りを優しく触れるように触っていきます。

M美さんの息遣いも荒くなって、脚の力も抜け気味です。


左手で胸を触りながら、右手を下に移動していきます。
M美さんは首を私にあずけながら、なすがままです。

右手をM美さんの中心部まで持っていき、
ゆっくりをスカートをまくり上げていきます。

そして、太ももから中心部に向かって、
ゆっくりと右手を這わせていきます。

「あっ、声が出ちゃう・・」

M美さんの中心部は、パンストの上からでも感じるほど、
熱気を帯びています。

「テーブルに手をついて!・・・ ほら、早く!」


M美さんをテーブルの前まで連れていき、
テーブルに両手をつかせて、お尻を突き出すように命令します。

「恥ずかしい・・・」

「絶対に手を離しちゃダメだよ。いい!!」

M美さんの言葉は全く無視して、
スカートをめくり上げます。

「恥ずかしい・・・、暗くして・・・」


M美さんのお尻を両手でなでながら、
時折、中心部に指を這わせます。

その度にM美さんの腰は反応し、声を漏らします。


10分ほど、焦らすと、M美さんは腰をくねらせながら、
お尻を突き出しきます。

もういいかなと、不意にパンストとパンティーを降ろすと、
大洪水のオマンコからンティーに愛液が糸を引いています。

「あぁぁ~~~、はずかしいよ~~」

「グチョグチョのオマンコ、舐めて欲しいだよね」

「・・・」



d_20120816141306.jpg

(画像はイメージです)


「舐めて欲しいです・・・・」

「だったら、もっと脚を開いて、お尻突き出してごらん」


言われたとおりに、グッチョリ濡れたオマンコを突き出してきます。


私はしゃがみこみ、両手をM美さんのお尻に添えて、
親指からぐっとオマンコを広げます。

「ジュル・・・、ビュチュ・・・」

舌をクリトリスから愛液を舐めとるように這わせていきます。

「あ~、立ってられない・・・」


舌の動きに合わせて、M美さんの膝がガクンと落ちていきます。

ジュブジュブ・・、ジュルジュル・・、チロチロ・・


M美さんは膝の力が抜けるのを必死にこらえながら、
お尻をさらに突き出してきます。

「あ~~、ダメ、感じる・・・おかしくなっちゃう」

脚を震わせながら、感じてくれています。


「ホントにだめ・・・、力が入らない・・・、ベッドに行かせて・・・」


30分以上舐めたでしょう。
本当に力が入らないようなので、パンストとパンティーが途中になったままの状態で、
ベッドに移動です。



実はこれもM美さんからのリクエスト!!

『ホテルに入ったら、すぐに立ったままで・・・』



次はベッドで・・・。

パート3に続きます。



無料の舐め犬専用の募集掲示板を始めています。

是非ご利用下さい!!

http://nameinutubuyaki.bbs.fc2.com/



励みになりますので、よかったらクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

アダルトブログランキングへ


プロフィール

舐め犬ジロウ

Author:舐め犬ジロウ
アラフォー、都内在住
ちょっと人とは違った性癖があるだけで、普段は普通の会社員です。
その性癖とは、とにかくクンニが好き!!それもちょっと珍しい“S”の舐め犬!!
言葉責め、羞恥責めしながら、女性の「はずかしい・・・」と言う言葉を聞きながらクンニして、悶え苦しむ姿に興奮を覚えます。
思いっきり恥ずかしい姿でクンニされたい女性の願望を叶えますよ。

私も体験してみたい!!まずはご連絡ください。
貴女の願望を叶えます。 もちろん秘密厳守(私も人にはいえませんので・・・)クンニだけの割り切った関係です。 ご相談、お便りお待ちしています。 ※ホテル代のみご負担いただきます。ご了承下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
舐め犬指数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。