FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33歳人妻ナミさん 半年振りのご奉仕/舐め犬ジロー

「お久しぶりです。おぼえていますか?
昨年の11月にお世話になったミナです・・・」

見覚えのないアドレスからのメールは
半年前にご奉仕したミナさんからでした。

どうしてもあの時の快感が忘れられず、
思い切ってメールを出したそうです。


早速日程を調整^^

前回は夕方からの3時間程度だったのですが、
今回はたっぷりして欲しいとのことで、
午前中からフリータイムでご奉仕です。


半年振りにお会いするミナさんは、
相変わらずスレンダーでとても清楚な人妻。

ブラウスにカーディガン、下はロングスカートです。


「今日は替えの下着も持ってきましたから、
たっぷり苛めてください・・・」

その言葉に、期待が膨らみます。
責めがいがあります。

早速ホテルに入り、ソファーに腰掛けます。
半年振りですから、なんだか気恥ずかしい感じです。

しかし、やることは一つです。

「ちょっと、立ってテーブルに手をついて、
 お尻を突き出してごらん」



いきなりの言葉にちょっとミナさんは戸惑っているようでしたが、
素直に立ち上がると、両手をついてお尻をこちらにつきだしてきます。

「そのまま動かないでね」

ロングスカートを捲り上げると、ちょっとお尻をひねりながら、
はずかしがっていますが、抵抗することはありません。

「あ~~ はずかしい」

上までめくると、かわいいパンティーのお目見えです。

「ちょっと足を開いて・・・」

ミナさんは素直に従います。

パンティーを覗いてみると、既に中心部にはシミが・・・


e_20120806163641.jpg



「ミナさん、シミができてるよ・・・
 来る途中から想像して濡れてたんでしょ・・・」

「あぁぁぁ・・・はい・・・」

ゆっくりと内モモから指を這わせ、
中心部付近を微妙なタッチで責めていきます。

「あぁぁ~、ダメ・・・」

パンティーを中心部に集め、Tバックの状態にして、
ゆっくりと顔を近づけると、女性特有の匂いが漂います。

「ミナさん・・・、愛液の香りが漂ってきますよ・・・」

後から顔をうずめて、中心部を舌で突くように刺激していきます。

「あぁぁぁぁ・・・ ダメ・・・」

しばらく責めると、中心部のシミはどんどん大きくなっていきます。

「ミナさん、愛液がどんどん溢れてくるね・・・」

そう言って、パンティーの中心部を横にずらすと、
”ヌチャ”と音を立てて、パンティーから糸を引いています。

「ミナさん、おまんこから愛液が糸引いてるよ・・・いやらしい」

膝を震わせながら、なおも腰を突き出してきます。


「舐めて欲しいんだよね・・・」

パンティーをずらしたまま、ゆっくりと濡れたおまんこに
舌を這わせていきます。

「あぁぁぁぁ・・・いや・・・」

膝が崩れ落ちそうになるのを絶えながら、
腰をさらに突き出してきます。



「もうダメ・・・」

20分ぐらい責めたでしょうか。

愛液が太ももに垂れてくるほどグチョグチョニなり、
膝はがくがく、両手も辛そうです。


今度はソファーに座らせて、両脚を大きく開くように言います。

ミナさんは、恥ずかしいそうにしながらも
顔は横を向きながらも、言われたとおりに両手で両脚を大きく広げます。


d_20120806165746.jpg


グチョグチョニ濡れたパンティーが丸見えです。

私はソファーの前にしゃがみこむと、
ゆっくりとパンティーの上から舌を這わせていきます。

ジュパジュパ・・・
ジュルジュル・・・

ワザと音を立てながら、愛液で透けて見えるクリトリスを
刺激していきます。

「きもちい・・・ きもちい・・・ きもちいよ・・・」


「自分でパンティーずらして、おまんこ見せてごらん」

外では清楚なミナさんが、ゆっくりとパンティーに手を掛け、
はずかしそうにしながらも、躊躇することなく、
おまんこをあらわにしていきます。

「舐めて欲しいんだよね。直接舐めて欲しいんでしょ・・・」

「・・・・ 舐めてほしいです・・・」

「もっと大きく脚を広げて、ほら・・・」

「あぁぁぁ・・・恥ずかしい・・・」
そう言いながら、大きく脚を広げ、パンティーをずらしていきます。

私は顔を近づけ、グチョグチョニ濡れたおまんこを凝視しながら、
「舐めてっていってごらん・・・」

「あぁぁ・・舐めてください・・・クリトリス舐めてください・・・」

本当に素直です。

ゆっくりとクリトリスの先に舌先を当てていきます。

「あぁぁ~ 気持ちい・・・」

クリトリスを口に含み、舌で転がすように刺激していきます。

「あぁぁ・・・きもちい・・・きもちい・・・」
「あぁぁ・・舐めて・・・なめて・・・もっと舐めて・・・」

ナミさんの声が徐々に大きく、脚にも手にも力が入っていきます。

ベチュベチュ、ジュルジュル・・・

おまんこからは愛液が溢れまくりです。



今度は私がソファーに座り、ナミさんに跨ぐように言うと、
ソファーの上で私を跨ぐように立つと、
今度も恥ずかしそうにしながらもパンティーをずらし、
おまんこをあらわにすると、ゆっくりと私の口元に
おまんことを近づけてきます。

「もっと脚を開いて、舐めやすくして・・・」

片手で壁に手をつき、私の顔の上におまんこを持ってきます。

ジュルジュル・・・ベチュベチュ・・・チロチロ・・・

8a028da3-s.jpg


おまんこからクリトリスを舐めあげると、
膝を震わせながらおまんこを押し付けてきます。

「あぁぁぁ・・・気持ちい・・・気持ちいです・・・」

このまま逝かせようかと思いましたが、
もっと焦らしてからと思い、
本当にソフトタッチでクリトリスに舌を這わせていきます。

ミナさんはこのソフトタッチも嫌いじゃないんですよね・・・。


しかし、ミナさんも限界のようで、
全身がプルプル震えています。

既に1時間以上たっています。


そろそろベッドでゆっくり責めてあげましょう。

ソファーの前に立たして、ゆっくりと服を脱がしていきます。
全裸になったミナさんはとてもキレイです。

前戯が終わり、これからがクンニの本番です。
今日はたっぷりと時間がありますから楽しみです。


ベッドに移ってからは、たっぷり濃厚なクンニを3時間。
その間、4回ほど絶頂を味わっていただきました。





無料の舐め犬専用の募集掲示板を始めています。
あなたも素敵な出会いを・・・!!

舐め犬募集掲示板


 励みになりますので、よかったらクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

アダルトブログランキングへ


スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

舐め犬ジロウ

Author:舐め犬ジロウ
アラフォー、都内在住
ちょっと人とは違った性癖があるだけで、普段は普通の会社員です。
その性癖とは、とにかくクンニが好き!!それもちょっと珍しい“S”の舐め犬!!
言葉責め、羞恥責めしながら、女性の「はずかしい・・・」と言う言葉を聞きながらクンニして、悶え苦しむ姿に興奮を覚えます。
思いっきり恥ずかしい姿でクンニされたい女性の願望を叶えますよ。

私も体験してみたい!!まずはご連絡ください。
貴女の願望を叶えます。 もちろん秘密厳守(私も人にはいえませんので・・・)クンニだけの割り切った関係です。 ご相談、お便りお待ちしています。 ※ホテル代のみご負担いただきます。ご了承下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
舐め犬指数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。