FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田舞さん似のアラサーOLさん/舐め犬ジロウ



今回お会いしたのは、
スケートの浅田舞さん(浅田真央さんの姉)似の
アラサーのOL、舞さん(仮名)です。

ブログを見てメールをくれたのですが、

――――――――――――――――――――――――――

はじめまして、アラサーのOLです。
ブログ更新していませんが、活動されてますか?

彼氏は一応いるのですが、プライベートは一切ナシで、
ブログの人のように狂ったようにクンニされて感じたいです。

もしよかったら連絡下さい。

――――――――――――――――――――――――――

連絡を取ってみると、すぐにでも会いたいとのことで、
一応こちらの条件だけを伝えて、都内でお会いしました。

そして、待ち合わせに現れたのが、舞さんです。

すらっとしたスタイルにスーツ姿で、とてもカッコよいいでたちで、
ドラマにできてくる有能な秘書のような雰囲気です。

誰にも会いたくないとのことで、挨拶もほどほどに、
ホテル街までお互い少し距離をとりながら歩きます。

ほどなくしてホテルへ入ると、舞さんは積極的でした。


舞さんからのリクエストでもあったのですが、
ホテルに入ったら、いきなり責めてほしいと・・・。


部屋に入り鍵を閉めと、舞さんからキスしてきました。
ゆっくりと舌を絡ましてきます。

とってもいやらしいキスです。

私も負けじと、舞さんを壁に押し付け、
まずは胸をまさぐっていきます。

見た目によらず巨乳です。

ブラウスの上から乳首をこするように刺激すると、
すぐに硬くなってきました。

「うぁぁ・・・」キスの合間に声が洩れてきます。

そのまま、手を下に持って行き、
スカートを捲り上げて、内モモから中心部へ向うと、
なんと・・・ノーパンにストッキング状態!!

中心部はすでにビショビショに濡れてまくっています。

「舞さん、ストッキングがグチョグチョに濡れてるよ・・・」

「あ~・・・、来る途中、想像してたら濡れちゃった」

「それにノーパンで来るなんて、いやらしいね」

といって、中心部に指を這わせます。

「あぁぁぁ・・・、舞はいやらしい女なんです。たくさんいじめて下さい・・・」

膝がガクガクしてます。

「それじゃ、もっといじめてあげるね・・・」

そう言って、手を取って部屋に入り、
ソファーに両手をつかせ、足を開くように言うと素直に従います。

スカートを捲くり上げると、濡れたストッキング越しにオ○ンコが丸見えです。
そのストッキングの中心部をつまみ、一気に破いて穴を開けました。
(これも事前のリクエストです)

「舞さん、ビショビショのオ○ンコ丸見えになってるよ」

「あぁぁぁぁ・・・、言わないで下さい・・・」

そう言いながら、ソファーに顔をうずめ、お尻を突き出してきます。

さっそく、クンニ開始です。

お尻を両手で開き、クリトリスから舐め上げていきます。

「ヒィィ・・、ダメ・・・」

ビチャビチャいわせながら、舐めていくと、
さらに愛液が溢れてきます。

そのうち我慢できなくなった舞さんは膝から崩れるようにソファーにもたれかかってしまい、
スーツが汚れるといけないので、ブラとストッキングの状態にして、
ソファーに座り、M字開脚させ、再びクンニ開始です。

クリトリスを口に含み、舌で転がすように舐めていくと
舞さんは「気持ちい、気持ちい・・・、」と連呼しながら、
自らブラを外して乳首をつまみ始めました。

私は指をグチョグチョのオ○ンコに差し入れながら、
さらにクンニを続けると、
舞さんは「あぁぁぁ・・・何か出ちゃう、何か出ちゃう・・・」
と喘ぎだし、一度目の絶頂に達しながらお漏らししちゃいました。

初めての潮吹きだったようで、
気持ちよかったけど、何だか怖かったようです。

シャワーを浴びてきたのですが、お漏らししたので
再度舞さんはシャワーのために浴室に。

すると浴室の舞さんからお呼びが・・・

「ジロウさんも一緒にどうですか!!」

断る理由もなく、私も浴室に。

「初めてだったのでビックリしちゃった」
そう言いながら、手に取ったボディーソープを私の中心部に・・・

「ジロウさんも気持ちよくしてあげる」

私もすぐにビンビン状態です。
払い流すと舞さんは私の前にしゃがむとパクリと咥えはじめました。

「私、結構上手なんですよ」

彼氏から仕込まれたようで、手でしごきながら、
口に含んだまま舌を絡ませてきます。

このままだと逝ってしまいそうだったので、
ほどほどに切り上げ、ベッドに移動し、
クンニ再開です。


今度は、舞さんに自分の太ももを持たせ、
大股開きさせた状態で責めまくります。

いつも欲求不満が溜まると彼氏とするよりも
オナニーしまくっていると言うだけあって、
クリトリスが存在感を示しています。

クリトリスを口に含み、舌で絡めるように舐めていくと、
再度同様、足をピクピクさせながら
「気持ちい・・・気持ちい・・・気持ちいよう・・・」
と連呼が始まります。

それを押さえつけるようにして続けていくと、

「あぁぁぁ、クリちゃん溶けちゃう・・・、クリちゃん溶けちゃう・・・」
と連呼が続き、

最後は、
「あぁぁぁぁ・・・、逝っちゃう、逝っちゃう・・・・あぁぁぁ、本当に逝っちゃう・・・」
「あぁぁぁ・・・、ダメ、ダメ、お願い、ダメ・・・・ 逝く、逝く、逝く・・・逝く・・・・」

と、太ももで思いっきり私の頭を挟みながら、
ブリッジするような体制で逝ってしまいました。

まるで百メートル走ったかのような息遣いで、
ぐったりしています。

するとむくっと起き上がると、私の股間に手をのばし、
ペニスをしごき始め、そのままフェラを始める舞さん。

ジュブジュブといやらしい音を立てられると、息子もMAXに。
すると舞さんはベッドの上からスキンを私に手渡します。

一瞬、「えっ、やっちゃうの・・・」と思いましたが、
これも断る理由も無く、素直にスキンをつけると、、
舞さんはキスをしながら私の上にまたがり、
ペニスをつかむと、ゆっくり腰を下ろしてきます。

「あぁぁぁぁ・・・気持ちい・・・、奥まで入っちゃう・・・」

そう言いながら、こすりつけるように腰を振ってきます。


「私、普段はこんなにならないんですよ・・・」

恥ずかしいのか、言い訳を言いながら、グチョグチョと言わせながら腰を振ってきます。

そしてまた、連呼の始まりです。

「あぁぁぁ・・気持ちい・・気持ちい・・・気持ちいよ・・・」

「当たってるの・・・、奥に当たってるの・・・」

「あぁぁ・・・逝きそう・・・逝きそう・・・逝きそうです・・・逝っていいですか・・・逝きそう・・・」

「あぁぁぁ・・・ダメ、逝く・・・、逝く・・・逝く・・・」

と言いながら、上半身を預けてきます。


「はぁはぁ・・、ごめんなさい。私だけ逝っちゃって・・・、ジロウさんも逝って下さい」


そう言って、四つん這いになって自らお尻を突き出してきます。

「後ろからして下さい・・・」

彼氏はあまり体位を変えないみたいで、
バックから犯されるようにされてみたいとのこと。

腰をつかんで、思いっきりバックから責めてあげました。
そして最後はお互いに向き合ってフィニッシュです。

そのあと、クンニでもう一度逝かせてあげました。


舞さんは、しばらくベッドでぐったりしていましたが、
帰るときはまたキッチリとしたスーツ姿に戻り、

「すごいスッキリしました。ありがとうございます。また連絡してもいいですか!!」

と笑顔で最後のキスをくれました。


別れた後にメールを頂きました。

――――――――――――――――――――――――――

今日はありがとうございました。

 ~中略~ (ちょっとプライベートなことなので)

自分があんなに感じるとは思いませんでした。
すごっくスッキリしてますが、脚がガクガクしてます。
明日筋肉痛になりそうです。

何だか欲求不満をぶつけちゃったようで恥ずかしいですが、
優しく激しく受け止めてくださったので嬉しかったです。

また、溜まってきたら連絡すすると思います。
その時はよろしくお願いします。

――――――――――――――――――――――――――


OLさんも大変なんですよね^^

女性が求めるまで我慢できるか!?

お会いする女性のほとんどの方が、

「やさしくしてほしい」

とおっしゃいます。


やさしくというのは、クンニや指での行為のことです。

基本Sの私は意地悪ですので、
表面的にはやさしくは接しません。


でも、女性が狂ったように感じる姿に興奮を覚える変態ですから、
女性が感じるためには多くの手段を駆使します。

より責めを深いものにするためにツンデレは基本です。


しかし、多くの女性から聞かれるのが、

ちょっと感じて濡れてきた程度で、
激しくクンニくれたり、指で激しく刺激されて
感じる前に痛みを覚えてしまう経験があると言うこと。

AVの影響なのか、
激しくすれば感じると思っている男性が多いようです。


多くの女性は男性が激しくすればするほど、
痛みを覚え、恐怖心が芽生えています。

じっくり時間をかけて、焦らして焦らして、
やさしくやさしく刺激してあげると、
女性の方から求めてきます。

(それでも焦らしますが・・・^^)


そうすると、自分から腰を突き出してきたり、
クンニしている頭を押さえつけたり、
「指も入れてながら舐めて」と叫んだり・・・。

誰もがホテルの廊下に聞こえるであろう声で、
あえぎ声を上げながら感じてくれます。



2~3時間


これぐらいの時間、
クンニを体験したことのある女性はまずいません。

それを激しくやっては
とても女性が持ちません。


じっくりと、チロチロと焦らしながら
ゆっくりとやさしく舐め続ける。

そうすることで、
徐々に徐々に火山が噴火するかのように
本能のままに感じてくれるようになります。


狂ったように、欲求丸出しで感じてくれる。

恥ずかしいと言いながら、
どんな要求にも応えてくれる。

たまりませんね^^


女性が何も隠さず素直に欲求を爆発してくれるようになれば、
その女性なりの性癖が出てきます。

私はM系の女性が多いですから、
レイプ風に無理やりクンニしてほしいと言う方が多いですかね。

部屋に入ったら後を向かせ、壁に両手をつかせて、お尻を突き出させる。
そして、スカートをめくってパンストと下着を一気に下ろして、
ジュブジュブと音を立てながら荒々しくオ○ンコを舐めまくる。

舐める前からオ○ンコはグチョグチョに濡れており、
パンティーには糸を引くほど愛液が溢れています。

足をブルブルと震わせて、壁に顔を押し付けながら
立っているのがやっとの状態で感じてます。

その後は、焦らしに焦らして・・・
いやらしいカッコをさせて・・・

なんて子が多いですかね。




運よく、パートナーを見つけることができたなら、
舐め犬として他では体験できない世界に
導いてあげて下さい。

AVは教科書ではありません。

人がやらないことをやれるから喜ばれるんです^^



楽しいクンニライフをお過ごし下さい。




 励みになりますので、よかったらクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

アダルトブログランキングへ


テーマ : アダルト総合 - ジャンル : アダルト

掲示板閉鎖のお知らせ


皆さまのクンニライフのお役に立てればと思い、
掲示板を立ち上げましたが、
最近、マナーを守らない方による被害が頻発するようになってしまいました。

一部の方の為に閉鎖するのは本意ではありませんが、
すべてを管理することは難しく、
誠に残念ではございますが、ご理解の程宜しくお願い申しあげます。


たった一度の人生です。
楽しいクンニライフを送られることをお祈り申し上げます。

舐め犬ジロウ

33歳人妻ナミさん 半年振りのご奉仕/舐め犬ジロー

「お久しぶりです。おぼえていますか?
昨年の11月にお世話になったミナです・・・」

見覚えのないアドレスからのメールは
半年前にご奉仕したミナさんからでした。

どうしてもあの時の快感が忘れられず、
思い切ってメールを出したそうです。


早速日程を調整^^

前回は夕方からの3時間程度だったのですが、
今回はたっぷりして欲しいとのことで、
午前中からフリータイムでご奉仕です。


半年振りにお会いするミナさんは、
相変わらずスレンダーでとても清楚な人妻。

ブラウスにカーディガン、下はロングスカートです。


「今日は替えの下着も持ってきましたから、
たっぷり苛めてください・・・」

その言葉に、期待が膨らみます。
責めがいがあります。

早速ホテルに入り、ソファーに腰掛けます。
半年振りですから、なんだか気恥ずかしい感じです。

しかし、やることは一つです。

「ちょっと、立ってテーブルに手をついて、
 お尻を突き出してごらん」



いきなりの言葉にちょっとミナさんは戸惑っているようでしたが、
素直に立ち上がると、両手をついてお尻をこちらにつきだしてきます。

「そのまま動かないでね」

ロングスカートを捲り上げると、ちょっとお尻をひねりながら、
はずかしがっていますが、抵抗することはありません。

「あ~~ はずかしい」

上までめくると、かわいいパンティーのお目見えです。

「ちょっと足を開いて・・・」

ミナさんは素直に従います。

パンティーを覗いてみると、既に中心部にはシミが・・・


e_20120806163641.jpg



「ミナさん、シミができてるよ・・・
 来る途中から想像して濡れてたんでしょ・・・」

「あぁぁぁ・・・はい・・・」

ゆっくりと内モモから指を這わせ、
中心部付近を微妙なタッチで責めていきます。

「あぁぁ~、ダメ・・・」

パンティーを中心部に集め、Tバックの状態にして、
ゆっくりと顔を近づけると、女性特有の匂いが漂います。

「ミナさん・・・、愛液の香りが漂ってきますよ・・・」

後から顔をうずめて、中心部を舌で突くように刺激していきます。

「あぁぁぁぁ・・・ ダメ・・・」

しばらく責めると、中心部のシミはどんどん大きくなっていきます。

「ミナさん、愛液がどんどん溢れてくるね・・・」

そう言って、パンティーの中心部を横にずらすと、
”ヌチャ”と音を立てて、パンティーから糸を引いています。

「ミナさん、おまんこから愛液が糸引いてるよ・・・いやらしい」

膝を震わせながら、なおも腰を突き出してきます。


「舐めて欲しいんだよね・・・」

パンティーをずらしたまま、ゆっくりと濡れたおまんこに
舌を這わせていきます。

「あぁぁぁぁ・・・いや・・・」

膝が崩れ落ちそうになるのを絶えながら、
腰をさらに突き出してきます。



「もうダメ・・・」

20分ぐらい責めたでしょうか。

愛液が太ももに垂れてくるほどグチョグチョニなり、
膝はがくがく、両手も辛そうです。


今度はソファーに座らせて、両脚を大きく開くように言います。

ミナさんは、恥ずかしいそうにしながらも
顔は横を向きながらも、言われたとおりに両手で両脚を大きく広げます。


d_20120806165746.jpg


グチョグチョニ濡れたパンティーが丸見えです。

私はソファーの前にしゃがみこむと、
ゆっくりとパンティーの上から舌を這わせていきます。

ジュパジュパ・・・
ジュルジュル・・・

ワザと音を立てながら、愛液で透けて見えるクリトリスを
刺激していきます。

「きもちい・・・ きもちい・・・ きもちいよ・・・」


「自分でパンティーずらして、おまんこ見せてごらん」

外では清楚なミナさんが、ゆっくりとパンティーに手を掛け、
はずかしそうにしながらも、躊躇することなく、
おまんこをあらわにしていきます。

「舐めて欲しいんだよね。直接舐めて欲しいんでしょ・・・」

「・・・・ 舐めてほしいです・・・」

「もっと大きく脚を広げて、ほら・・・」

「あぁぁぁ・・・恥ずかしい・・・」
そう言いながら、大きく脚を広げ、パンティーをずらしていきます。

私は顔を近づけ、グチョグチョニ濡れたおまんこを凝視しながら、
「舐めてっていってごらん・・・」

「あぁぁ・・舐めてください・・・クリトリス舐めてください・・・」

本当に素直です。

ゆっくりとクリトリスの先に舌先を当てていきます。

「あぁぁ~ 気持ちい・・・」

クリトリスを口に含み、舌で転がすように刺激していきます。

「あぁぁ・・・きもちい・・・きもちい・・・」
「あぁぁ・・舐めて・・・なめて・・・もっと舐めて・・・」

ナミさんの声が徐々に大きく、脚にも手にも力が入っていきます。

ベチュベチュ、ジュルジュル・・・

おまんこからは愛液が溢れまくりです。



今度は私がソファーに座り、ナミさんに跨ぐように言うと、
ソファーの上で私を跨ぐように立つと、
今度も恥ずかしそうにしながらもパンティーをずらし、
おまんこをあらわにすると、ゆっくりと私の口元に
おまんことを近づけてきます。

「もっと脚を開いて、舐めやすくして・・・」

片手で壁に手をつき、私の顔の上におまんこを持ってきます。

ジュルジュル・・・ベチュベチュ・・・チロチロ・・・

8a028da3-s.jpg


おまんこからクリトリスを舐めあげると、
膝を震わせながらおまんこを押し付けてきます。

「あぁぁぁ・・・気持ちい・・・気持ちいです・・・」

このまま逝かせようかと思いましたが、
もっと焦らしてからと思い、
本当にソフトタッチでクリトリスに舌を這わせていきます。

ミナさんはこのソフトタッチも嫌いじゃないんですよね・・・。


しかし、ミナさんも限界のようで、
全身がプルプル震えています。

既に1時間以上たっています。


そろそろベッドでゆっくり責めてあげましょう。

ソファーの前に立たして、ゆっくりと服を脱がしていきます。
全裸になったミナさんはとてもキレイです。

前戯が終わり、これからがクンニの本番です。
今日はたっぷりと時間がありますから楽しみです。


ベッドに移ってからは、たっぷり濃厚なクンニを3時間。
その間、4回ほど絶頂を味わっていただきました。





無料の舐め犬専用の募集掲示板を始めています。
あなたも素敵な出会いを・・・!!

舐め犬募集掲示板


 励みになりますので、よかったらクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

アダルトブログランキングへ


2~3時間も本当にクンニできるんですか?

しばらく更新が途絶えてしまってすみません。
一応、サラリーマンですので、仕事が忙しくて・・・

そうは言っても舐め犬であることに分かりはなく、
忙しい中でも地道に活動はしておりました。

その中で、コメントやメールでご質問をいただいたなかで、
いつも聞かれることについてお答えします。




「2~3時間も本当にクンニできるんですか?」



この質問って非常に多いんです。

当然これだけではなく、本当に2~3時間もクンニされたら
どうなるんだろう~?という期待感があるみたいです。

メールをくれる人の多くは、
セックスの前戯としてのクンニしか
経験したことがなく、

クンニの気持ちよさは知っていても、
クンニだけで、何度も絶頂を迎えることなんて
まず体験してことなんてありません。


挿入するためにクンニされているような状態で、

「気持ちい・・・もっと舐めてほしい・・・」

というところで、フェラをお願いされたり、
挿入されたりすることばかり・・・

かと言って、
「もっと舐めて・・・」とは言えない・・・。

そんな、愚痴めいた相談メールをよくいただきます。



確かに、私も20代前半の頃はそうでした。

クンニは前戯でしかなく、
相手を気持ちよくさせたいと思っていはいますが、
自分も気持ちよくなりたいんです。

男にとってそれはペニスへの刺激ですので、
手でさわってもらい、口に含んでもらい、最後に挿入。

そんなお決まりのパターンの中で、
女性にも気持ちよくなってもらおうとしていました。


でも、それって限界があるんですよね。


中にはペニス一本で女性を狂ったように
感じさせることができる人もいるでしょう。

しかし、喜んではくれますが、
私も場合は狂ったようにまではいきませんでした。


でも、クンニなら自信がありました。



23.jpg


クリトリスの先を舌で優しく触れるように舐めたり、

口に全体を含んで、吸うように舐めたり、

硬くなったクリトリスを剥いて、
舌で転がすように舐めまわしたり、

焦らすように、クリトリスの周りを舐めまわしたり、

おまんこに舌を出し入れしたり、


多くの女性はクンニは体験したことがあっても、
ほんとうに前戯としてのクンニだけです。

30分、1時間・・・と、反応を見ながら
舐めていると徐々に女性が開放されていくのが分かります。

その中で、焦らしたり、言葉責めを加えていくと、
Mの部分が刺激されより女性の性の部分をあらわにしていきます。

1時間、2時間もすると、
狂ったように感じ、卑猥な言葉を連発して、
さらに快感を求めるように、腰を突き出してきます。


今まで自分からはしたことのない顔面騎乗位ですら
命令すれば恥ずかしいと言いながら、
最終的に腰をこすりつけて感じまります。

17.jpg


後ろから舐められたことがない女性も多いですが、
ここまでくると命令すれば言われるがままに、お尻の穴まで丸見えの状態で
四つん這いになり、お尻を突き出して悶えまくる女性がほとんどです。


22.jpg


自分の前でただただメスのように
グチョグチョニおまんこを濡らして悶えまくる。

挿入ではなかなかそうはならないことでも、
クンニではそれが容易に可能になるのです。


確かに、2~3時間はとても長いかもしれませんが、
いつもあっという間です。


お会いするときは基本的に午前中からが多く、
9時、10時から夕方まで、
ホテルのフリータイム目一杯舐め続けます。

途中に休憩を取ることもありますが、
多分、5時間近くは舐めていると思います。


ある意味、変態です。

自分ではそんなに人と違っているとは
思っていませんでしたが、
お会いする女性からは、この変態具合を
とても喜んでもらえます。



普通の女性が、今まで経験したことのない、
不思議な時間を過ごしてもらえるわけですから、
とても良い変態だと思いますけど・・・^^



皆さん、帰り際に必ずと言っていいほど、
「筋肉痛になる!!」と言います。


それはそうです。

何度も絶頂に達するわけですから・・・。

クンニされながら、
逝くときには両足で頭を挟み込み、
硬直したように思いっきり力んで逝ってくれます。

両手もシーツをつかむか、
私の手をもの凄い力で握ってきます。

それが、波のように何度も訪れるわけですから、
筋肉痛にもなるでしょう。



と言うわけで、ご質問へのお答えですが、

「2~3時間にクンニは全く問題ありません!!」


世の中には、こんな変態もいるのです^^





無料の舐め犬専用の募集掲示板を始めています。
あなたも素敵な出会いを・・・!!

舐め犬募集掲示板


 励みになりますので、よかったらクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

アダルトブログランキングへ
プロフィール

舐め犬ジロウ

Author:舐め犬ジロウ
アラフォー、都内在住
ちょっと人とは違った性癖があるだけで、普段は普通の会社員です。
その性癖とは、とにかくクンニが好き!!それもちょっと珍しい“S”の舐め犬!!
言葉責め、羞恥責めしながら、女性の「はずかしい・・・」と言う言葉を聞きながらクンニして、悶え苦しむ姿に興奮を覚えます。
思いっきり恥ずかしい姿でクンニされたい女性の願望を叶えますよ。

私も体験してみたい!!まずはご連絡ください。
貴女の願望を叶えます。 もちろん秘密厳守(私も人にはいえませんので・・・)クンニだけの割り切った関係です。 ご相談、お便りお待ちしています。 ※ホテル代のみご負担いただきます。ご了承下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
舐め犬指数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。